イネイト活性療法について

イネイト活性療法とは

症状の原因を調べる検査法「T-Sテスト」と、原因部位をまとめて治療する「一点治療」のみの至ってシンプルな治療法です。

T-Sテスト(豊田式スキャニング検査)は、カイロプラクティックをベースに生まれた代替医療の検査法であるAK(アプライドキネシオロジー)の応用による検査法で、脳と筋肉の反射を利用して行われます。

アメリカではそれなりに知られた技術ですが、日本での知名度はまだまだ低いのが現状です。

日本では「Oリングテスト」という名が一部の方には知られており、OリングテストもAKを応用した技術です。

一人一人の患者様の症状に対し、より適した薬を処方するためにOリングテストを用いるドクターもおられます。

この反応を使えば、本人が自覚できていない、症状の根本原因を調べることができます。

ほとんどの症状において、症状の出ている部位に問題があるといううことは、ありません。

身体のどこか別のところに問題が起きていて、それを本人に気付かせるための「サイン」として、症状を出しているのです。

本人の表層意識では自覚できていないことでも、潜在意識は身体に起こっていることの全てを把握しています。

現在はもちろん、過去の情報も全て脳には記憶されています。

T-Sテストでは潜在意識からの反射反応を捉えるので、これまで原因不明で悩まされ続けていた症状でも、何が原因で起こっていたのかを見つけ、解決へと導くことができるのです。

一点治療

T-Sテストで検出された原因部位は、ある一点への刺激で治療することができます。

私たちの身体は、一つ一つの部位で動いている訳ではなく、身体全体で一つのものです。

一つ一つの部位が全体と、全体もまた一つ一つの部位と繋がって成り立っています。

ですので、原因部位を統括するポイントを見つければ、その一点への治療で全て治療できてしまうのです。

治療は軽く触れるかどうか程度の圧をかけるだけです。

この操作により、いわゆる「自然治癒力」の働きを高めることが出来ます。

症状の原因となっている部分は自然治癒力が働けていない状態にあります。

治癒力が働いていないので、起こったトラブルを解決できずにいて、そのことがきっかけで症状を引き起こしているのです。

ですので、自然治癒力がしっかり働きだせば、身体は良くなるためにドンドン変化して行きます。

イネイト活性療法誕生の秘密

イネイト活性療法の師匠である「豊田竜大」先生が、治療家として修行時代の頃、周りの先生方には無かった、身体の部分ごとの自然治癒力の有無が分かるという特殊な感覚にある日突然目覚め、それ以来、これまででは考えられないようなスピードで患者さんをドンドン治せるようになりました。

やがて、ご自身で開業した時に、弟子たちに同じようにやるように指示したところ、誰も出来なかったそうです(当然ですが)

このままではいけないという想いから試行錯誤を重ね、ついに、特殊な感覚が無くても、自然治癒力の有無を調べられる方法と、弱っている自然治癒力を高めることが出来る方法を見つけることに成功したのです。

おかげさまで、私もイネイト活性療法とのご縁を頂き、学ばせて頂くことができました。イネイト活性療法との出会い、豊田先生との出会いは、治療家として最高の出会いであったと断言出来ます。 この先、イネイト活性療法を使って、様々なお悩みを持つ多くの方々のお役に立てることが、とても楽しみです。